あなたのお住いは地震耐えられますか?

1981年以前に建てられた木造建物

1981年6月に建築基準法が改正され、耐震基準が強化されました。震災においても、1981年以降建てられた建物の被害が少なかったことが報告されています。

軟弱な地盤に建っている建物

軟弱な地盤は全国に渡りあります。特に都市部に多く、注意が必要です。軟弱地盤は揺れが大きくなるため壁量も50%増しにするよう、建築基準法で定められています。

オーバーハングした建物

1階より2階が飛び出している建物、2階部分を1階の柱だけで支えるピロティー状の建物のことです。不安定な家になりがちですが、実際多く建てられています。

1階に壁が少ない建物

1階が店舗や車庫、大きな窓などの建物です。壁が無いと耐震性の乏しい建物になってしまい、1階部分だけが倒壊という危険性があります。

下屋の大きい建物

建物は1階と2階の外壁線が揃っていた方が、構造上安定します。一見、2階が小さく1階が大きい建物は安定感がありそうですが、2階の外壁の下に壁がない場合は問題があり、建物に負担がかかります。

老朽化した建物

老朽化した建物とは、必ずしも築年数が古いということではありません。土台や柱などが腐ったり、シロアリ被害にあっていたり、雨もりがしていたりと、目に見えない範囲を含め、強度に不安のある建物のことです。

でも当てはまった方は要注意‼

耐震診断で行うこと

説明・問診

現地調査をし、調査票に基づいて診断書を作成します。

屋内調査

各部屋の仕上げ、筋交いの有無や床の傾きなどを調べます。床下の浸食や湿気を確認します。

野外調査

屋根・外壁の劣化具合を調査します。
基礎のひび割れ、ブロック塀の傾きなども調べます。

敷地調査

地盤の様子を見ます。
傾斜があるか、平たんか、崖か、など地形を調べます。

お気軽にお問い合わせお待ちしております! 安心!ステップでお見積り

1 無料相談会の予約

まずはメール・お電話にて、ご予約ください。

2 お悩み

丁寧・親身になってお住まいのお悩みをお伺いします。

3 無料お見積り

ご相談内容の確認後、現地訪問させていただき、お見積りを作成提出します。

0120-2121-860120-2121-86 受付時間 10:00~19:00 水曜日定休